ともに人生を語らう友を求めて さすらいの親鸞学徒 つれづれなるままに
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
お仏壇は先祖まつるところでしょ。えっ、違うの?
久留米で縁正の方の質問に答えていて、やはりと思いました。

「お仏壇にどんな気持ちで参ればいいのですか」

という質問でした。その方は

「お仏壇は、先祖をまつるところ」

という思いだったのです。他にもそういう方が多いでしょう。

しかし、浄土真宗では、お仏壇には、

無上仏、阿弥陀仏を御本尊としてご安置致します。

先祖の霊に手を合わせるのではなく、無上仏を礼拝するのです。

まず、この点をハッキリさせる必要があります。


阿弥陀仏に、では何を助けて頂くのか。

それは、生死の一大事、後生の一大事の解決一つと、教えて頂きます。

それはまた人間に生まれてきた目的、絶対の幸福に救われるということです。

今日一日、生きる目的も、それ以外にはない。

そう心を定め、お勤めをし、五正行をさせて頂くところがお仏壇です。


先祖の霊に手を合わせている、と思っていては、

そんなこと思いもしないし、考えもしません。

「お仏壇には、阿弥陀仏がご安置されているのですよ」

まず、ここをハッキリさせねばなりません。
スポンサーサイト
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
忍者アド
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。