FC2ブログ
ともに人生を語らう友を求めて さすらいの親鸞学徒 つれづれなるままに
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
宣伝しなければ誰もわからぬ
少し前、こんなコマーシャルがテレビで流れました。

「どんなに素晴らしい商品でも

 宣伝しなければ誰も知りません」

それはその通りですね。

作った人が一人で楽しんでいるだけでは、誰にも伝わりません。

高森先生も、仰せです。

「どんなに素晴らしい教えがあっても

 宣伝しなければ誰も判らぬ。

 十方にひとしくひろむべし、である」

たとえば、病気で苦しむ人がある。

その病を完治させる薬がある。

なのに、その人は病死してしまった。

なぜでしょう?

薬のあることを、知らなかったからです。

飲めば病気は治ったのに。

本人も知らなかったし、

周りで教えてあげる人もいなかったからです。

もし、病人のいることも知っていて、

しかも薬のあることも知っていながら、

それを教えてあげなかったとしたら、

なんと無慈悲なことでしょう。不親切なことでしょう。

もちろん、薬を勧めても飲まない人もあるかも知れません。

でも、教えてあげないことには、絶対に助からないのです。

相手が飲む、飲まないに関係なく、大いに知らせる、勧める、

「宣伝する」ということが、何より大切ですね。
スポンサーサイト
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
忍者アド
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。