FC2ブログ
ともに人生を語らう友を求めて さすらいの親鸞学徒 つれづれなるままに
十人も、百人も、みな助かるとは、言われますが
御文章の読み間違いというのは、やはりありますね。

先日もある方と話をしていたら、

「十人も、百人も、みな助かると、言われていますよね」

と自信もって言われます。どこにですか、と尋ねると

「御文章ですよ。十人は十人ながら、百人は百人ながら、

みな浄土に往生すべきこと、更に疑いなし、とあるでしょう」

と、暗記しておられます。

「その前には、何と書いてありますか」

と言って見てもらいましたら、ちゃんと、

「一念の信心、定まらんともがらは、十人は十人ながら・・・」

と書かれています。

信心決定した方は、みな助かる、と言われているのであって

信心決定していない人は、そうではありません。

「あらーーっ」と、ビックリされていました。

しっかりと、教えを聞かせていただかないと、

とんでもない聞き間違いをする、という一つの例ですね。

「死んだら、みんな極楽だろう」

そんな誤解が、広まっています。

それでは、この世で、信心決定まで、求めようという心は起きてきません。

当然ながら、真剣に聞法しよう、とは思わないでしょう。

正しく教えを聞き、お聖教を拝読することが、大切ですね。
スポンサーサイト



忍者アド