FC2ブログ
ともに人生を語らう友を求めて さすらいの親鸞学徒 つれづれなるままに
近江で二河白道について語り合う
今日は、旧の近江町で、善導大師の有名な二河白道の譬喩について、

学びました。

親鸞聖人も、教行信証に、引用しておられ、その詳しい解説は、

愚禿抄にも、お書きになっておられます。

ちょうど、今日の会場となったお宅には、床の間に、

二河白道の譬喩の掛け軸がかけられておりました。

初めて参加された方も、じっとこの掛け軸に見入っておられ、

それについての解説に、聞き入っておられました。

或る人は、

「この絵は、前にも見たことあったが、三途の川を渡る絵だと

勘違いしていた。いやあ、聞かなきゃ分からんもんやなあ」

と、驚いておられました。

そうなんですね。

自分で勝手に、思い込んでしまっていることがあります。

長年、そう思っていますから、今更、誰かに質問しようとか

教えてもらうこともありません。

けれども、聞法を重ね、信心の沙汰で、大いに語り合うことで、

思わぬ聞き誤りをしていたことが知らされます。

「真宗繁昌の根元なり」と言われる、信心の沙汰。

大いにさせていただきましょう。
スポンサーサイト



忍者アド