ともに人生を語らう友を求めて さすらいの親鸞学徒 つれづれなるままに
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
米原で知恩について語る
きょうは、米原市で、知恩、感恩、報恩について、語り合いました。

私たちは、さまざまな力によって、生かされています。

その恩を知り、恩を感じて、いかに恩に報いるか。

「恩を知るは、大悲のもとなり。

 善根をひらく初門なり」

 特に仏教では、恩について、くわしく教えられています。

親鸞聖人ほど、すさまじい報恩に生き抜かれた方はないでしょう。

「如来大悲の恩徳は

 身を粉にしても報ずべし

 師主知識の恩徳も

 骨を砕きても謝すべし」

身を粉にしても、骨を砕きてもと、激しい報恩のご生涯。

それは、建仁元年、弥陀の大悲に摂取され、

知恩報徳の益に生かされたからであることを、学びました。

私たちも、一日も早く、その幸せに生き抜きたいと思います。
スポンサーサイト
歎異抄を語らう
きょうは、古典の名著、歎異抄について、学ぶ集まりでした。

特に歎異抄の中でも

「念仏は、まことに浄土に生まるるたねにてやはんべるらん。

 また地獄に堕つる業にてやはんべるらん。

 総じてもって存知せざるなり」

という箇所について、学びました。

念仏が、極楽行きのタネか、地獄に堕つる業か

親鸞、まったく知らん、とおっしゃっています。

「ただ念仏のみぞ、まことにておわします」

「念仏成仏これ真宗

 万行諸善これ仮門」

弥陀の本願念仏だけがまことと、

あまりにも明らかに知らされていた聖人に

しかもそれを聖人から長年聞いていたはずの関東の同行が

問いただしに来たのですから、

「いまさら、この親鸞に、言わせるおつもりか!」

親鸞聖人が「知らん!」と鉄骨の慈悲で突っぱねられたのも

むべなるかなと知らされました。
忍者アド
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。